最高品質CBDプロダクトを見つける
sativa Atf アラスカン・サンダーファック

アラスカン・サンダーファック

サティバ優勢のハイブリッド

アラスカン・サンダーファックはサティバ優勢のハイブリッド品種で、その遺伝子的背景は複雑です。一般的には、アラスカのマタヌスカ・バレーで、未知の北カリフォルニアの品種と未知のロシアン・ルデラリス(インディカでもサティバでもない希少なカンナビス属)の交配により生まれたとされています。この2品種の合いの子は、強力な作用を持つ品種を生み出すためにアフガニスタン産のインディカ在来種と交配され、現在のアラスカン・サンダーファックが誕生しました。この品種は精神的な集中力を高めると共に、穏やかな身体的リラックスをもたらします。THC含有量は13%〜27%と測定されています。

アラスカン・サンダーファックは、先細りのスペードのような外観をしたがっしりとしたつぼみが目を引きます。葉は淡いグリーンでふわふわしており、中央の茎から簡単にむしり取ることができます。鮮やかなオレンジ色の雌しべが葉の間をうねうねと走っており、花の表面はトリコームでびっしりと覆われているため、粘り気があってほぐすのに苦労します。

適切に熟成されたアラスカン・サンダーファックは、松やヒマラヤスギを思わせる木の香りに加え、湿った土やナッツのような香りがします。燃やすとツンとした香りがする煙が出て、人によっては不快に感じるかもしれません。煙を吐き出すと、アンモニアと酸っぱいレモンのような香りが残ります。ユーザーは、この品種は燃やすと非常に刺激的な香りが出ることを覚えておく方がいいでしょう。

アラスカン・サンダーファックのハイはゆっくりと始まり、完全な効果が感じられるまで数分かかることがあります。吸った後は、徐々に感覚が鋭くなり、分析的な思考ができる知性優位の精神状態になることがあります。サイケデリックな音楽のお供に、また社交の場での潤滑油として高い人気があります。ハイな状態が続くと、身体が微妙に疼くことがありますが、見当識障害やカウチロックを引き起こすことはほとんどありません。ハイな状態の後半では、ハイキングなどの身体的な活動へのモチベーションを高めてくれます。アラスカン・サンダーファックは、日常的な仕事をしている間、頭をクリアにしておきたい人に向いている選択肢です。朝や午後の使用に適していますが、夜は眠れなくなる可能性が高いので避けた方が良いでしょう。非常に強力な作用を持つ品種で、少量で効果があります。

幅広い効果を持つアラスカン・サンダーファックは、医療用としての効果も期待できます。注意欠陥障害のある人が1つの作業に集中するのに役立つこともあります。また、軽度のストレスやうつ病にも効果があると言われています。また、頭痛や吐き気を和らげるために使用する人もいます。ただし、パニックになりやすい人や、THC耐性が低い人にはお勧めできません。

多数の会社がこの有名な品種の種子を販売しています。屋内でも屋外でも栽培できますが、屋外では日中に安定した日光量が得られる、温暖で半湿潤な気候が必要です。屋内で栽培した場合、開花期は約9~10週間で、高い収穫量が期待できます。非常に香りが強い株なので、栽培する場合は換気扇を使って匂いをコントロールするとよいでしょう。

アラスカン・サンダーファックは熱狂的な人気を誇る品種で、複雑ではっとするような風味と持続的な脳のハイが特徴です。大麻市場で最も人気のあるサティバ種の1つであることは間違いありません。

 

最新のカナビスニュース