最高品質CBDプロダクトを見つける
Tg タンジ

タンジ

サティバ優勢のハイブリッド品種

タンジーはサティバ優勢のハイブリッド品種で、構成はサティバ70%、インディカ30%です。1990年代半ばに人気を博したタンジェリン・ドリームを讃える目的で作られた品種です。スカンクとカリフォルニア・オレンジの交配種です。THC濃度は19%〜22%で、CBD濃度は0.09%です。この品種はカンナビス・カップで何度も優勝しており、10ヶ月間に10個の賞を獲得したこともあります。

柑橘系品種の遺伝子のおかげで、ミカンに似た香りを持ち、レモンやブドウの香りを持つ類似の品種とは明らかに香りが違います。コンパクトなライトグリーンのつぼみにはオレンジ色の毛が生えていて、霜のような毛状突起で覆われています。

タンジーにはサティバ遺伝子に由来する高揚効果があり、大脳的な作用の特徴としては、陶酔感、創造性、集中力、幸福感などがあります。THCレベルが比較的高いため、どちらかと言えば経験豊富なユーザーに適しているかもしれません。

また、そのバランスのとれた性質のおかげで、多くの医療用途にも使用されています。その鎮静作用は、痛み、ストレス、うつ、不眠症などに効果がある場合があります。また、消化器系の問題、食欲不振、吐き気などにも効果があると言われています。副作用としては、口の渇きや目の充血などがありますが、一般的に見られる程度です。

タンジーは多数の薬局で取り扱いがあり、種子はDNA Genetics社から入手できます。タンジーの種子は、通常の光周性とオートフラワーのバージョンがあります。その株は最初の5週間は日光を求めて背を伸ばし、花はぴりっとした香りがして樹脂が多い傾向にあります。

タンジーは背が高いため、屋外での育成をお勧めします。SCROG法で育てるか、先端をカットしてこんもりした藪状にすると生産性が上がります。屋内で栽培する場合は、水耕栽培ではなく、土を使う必要があります。

また、ヴィーガン栽培でも栽培可能です。これは、動物由来の堆肥を使用しないものです。植物由来の堆肥は残留物が土に残らず、大麻植物がより自然に土から栄養を吸収できます。これにより、つぼみがさらに美味になるうえに、より多くの収穫量を見込めます。

 

最新のカナビスニュース