最高品質CBDプロダクトを見つける
sativa Dp ダーバン・ポイズン

ダーバン・ポイズン

知的活動に向いたサティバ

ダーバン・ポイズンは南アフリカの都市にちなんだその名の通り、純粋な南アフリカのサティバ在来種です。様々な条件での栽培に適応できる粘り気の強い株で、THC含有量は15%~25%です。

アフリカには大麻栽培の豊かな歴史があり、オランダ植民地時代にはすでに大麻栽培が広く行われていました。南アフリカの先住民グループは現地語で「ダガ」と呼ばれるこの植物と親密な関係を確立していました。

1970年代、アメリカのブリーダーであるエド・ローゼンタールは、アメリカに持ち帰った南アフリカ産の種子から数株を育成しました。ローゼンタールは、その中でも特に優れたサンプルを、仲間のブリーダーであるメル・フランクに贈りました。フランクは、樹脂含有量と開花期を最適化するために遺伝学的な研究を行いました。その努力が実り、オリジナルの種子素材から「A」と「B」の系統が生まれました。「B」系統はアムステルダムのブリーダー、サム・ザ・スカンクマンに引き継がれ、開花期がさらに短縮されました。

ダーバン・ポイズンのつぼみは、中〜大型です。インディカのような密集構造でありながら、サティバによく見られる細長い形をしています。緑色の葉と明るいオレンジ色の雌しべを持っています。白いトリコームで覆われており、成熟した花には軽い光沢があり、非常に粘り気のある質感です。花を割ったり、焼いたりすると強い刺激的な香りがして、濃厚な煙が立ち上ります。

ダーバン・ポイズンを使用すると、すぐにクリアで集中力のあるハイな状態が訪れます。身体の重さやカウチロックのようなものはほとんどなく、完全に頭脳のハイと言っていいでしょう。この品種は社交の場の潤滑剤としても人気があり、ユーザーはおしゃべりになりくつろげると報告しています。医療用としては、うつ病、不安神経症、PTSDなどの症状の改善に使用されることが多いようです。

ただし、ダーバン・ポイズンは非常に強力な作用を持つ品種のため、望ましくない副作用が発生する可能性があります。ダーバン・ポイズンを吸うと過集中状態になり、気持ちが不安定になるというユーザーもいます。また、パラノイアに陥ったり、自己制御ができなくなることもあります。日中の使用が一般的で、通常は2〜3時間の間、ハイな状態が続きます。

長い年月をかけて培われたタフな遺伝子のおかげで、栽培初心者にうってつけです。この株は約3.6mの高さにまで成長し、屋外では1日の気温が22〜27℃の温暖な半湿潤気候で栽培できます。屋内で栽培する場合は、成長段階の早い段階で枝を曲げたり、剪定したりして高さを抑える必要があります。サティバの中では開花が非常に早い品種で、屋内栽培では約8〜9週間で成熟します。収穫量も平均以上です。

ダーバン・ポイズンは、甘いハシシのような香りがし、樹脂含有量が非常に高くなっています。エスプレッソと比較されることが多く、1人で楽しむのはもちろんのこと、社交の場でも楽しめるアクティブなハイの感覚をくれます。

 

最新のカナビスニュース