最高品質CBDプロダクトを見つける

強力なインディカ優勢ハイブリッド品種

ブルーベリーは、そうそうたる遺伝的背景を持つ、高い人気と豊かな風味を兼ね備えたインディカ優勢ハイブリッド品種です。インディカ種のアフガニと、サティバ種のタイとパープル・タイの変種を親株にした三元交配種です。ブルーベリーは、1970年代から80年代にDJ Shortによって開発されました。彼は「ハッパのウィリー・ウォンカ」と呼ばれる多作なブリーダーです。

名前の通り、この品種は新鮮なブルーベリーの独特の香りと味を持ち、世界中で人気を博しています。2000年のハイタイムズ・カンナビス・カップでは、ベスト・インディカ賞とベスト・オーバーオール・ストレイン賞を受賞しています。THC含有量は15%〜24%です。

この株の花は、インディカ優勢品種によく見られるように、小さめでぎっしりと密集しています。この株のダークグリーンの葉はアントシアニンという色素の含有量が高いことが多く、紫や赤の筋が見られます。成長期に低温にさらされると、この色素が活性化され、カラフルな色合いになります。葉は透明に近いトリコームで覆われているため、つぼみは非常に粘り気があり、手でほぐすのは難しいでしょう。適切に熟成させると、花は新鮮なブルーベリーの香りがし、つぼみをほぐすとスパイスやムスクの香りが漂います。燃やすと、ブルーベリーの甘い香りがするスムースな煙になります。

ブルーベリーは、その作用の強さから「一口で十分」な大麻と言われています。ブルーベリーを吸うとすぐに体が重くなるため、身軽さや協調性を必要とする状況には不向きかもしれません。しかし、適切な環境下では、この重厚感がリラックスできる落ち着きと見なされます。このハイブリッド品種に含まれるサティバ成分は、陶酔的な上機嫌という形で若干の精神的効果をもたらし、ユーザーはおしゃべりになったり、よく笑うようになります。ブルーベリーは高用量ではユーザーの身体を重くさせ、カウチロック状態にします。ブルーベリーは、痛みを和らげるための医療用として使用されることが多く、ストレス、不安感、PTSDなどの症状にも効果があります。また、深い眠りを誘う優れた作用もあるため、睡眠障害に悩むユーザーに人気があります。ブルーベリーのハイの感覚は、平均よりも長く続くと言われています。

ブルーベリーは、成熟した健康な株から切り取った枝であれば、クローンとして育てることができます。また、種子を購入することも可能です。開発者のDJ Shortは、「育種素材の親権と知的開発権」を法的に主張していますが、他のブリーダーからも種子が販売されています。

この品種は屋内でも屋外でも栽培できますが、屋外での栽培には適度な湿度と日中の安定した気温(22〜27℃)が必要です。屋内では、背が低くずんぐりと育ち、背丈が1mを超えることはほとんどありません。葉とつぼみの比率のバランスがいいため、ファンリーフの剪定は最小限でOKです。屋内で栽培した場合、8〜10週間で開花し、1㎡あたり約380gとそこそこの収穫量が見込めます。

ブルーベリーは、夜のリラックスタイムにぴったりで、1人でも友達と一緒でも、リラックスしたいユーザーに人気があります。ブルーベリーは、ブルー・ドリームやブルーベリー・クッシュなど、他の人気品種との交配にも使われています。

最新のカナビスニュース