最高品質CBDプロダクトを見つける
hybrid Ww ホワイト・ウィドウ

ホワイト・ウィドウ

大脳に効くハイブリッド品種

ホワイト・ウィドウは、大量の樹脂を生成することで有名で、ひときわ活力を与えてくれるサティバ優勢の人気ハイブリッド品種です。ホワイト・ウィドウは、1990年代にオランダのGreen House Seeds社が、ブラジルのインディカ品種と南インドのサティバ品種を混合して作成しました。ホワイト・ウィドウはノーザン・ライトやヘイズと並ぶ人気品種となり、1995年のHigh Times誌主催のカンナビス・カップをはじめ、数々の賞を受賞しました。ホワイト・ウィドウは毛状突起の密度を濃くすることを意識して開発され、特にハシシを作る際に重宝されています。ホワイト・ウィドウの平均的なTHC組成は20%ですが、一部の表現型はさらに高くなります。

ホワイト・ウィドウの花は、がっしりしていてやや円錐形です。つぼみの性質はインディカよりもサティバ寄りで、粘り気がありながらも簡単にバラバラにできる、ゆるくふわふわした質感を持っています。葉は緑色で、目に見える雌しべはあまりありません。

適切に栽培された場合、ホワイト・ウィドウのつぼみは長い毛状突起で完全に覆われます。それがこの株を白っぽく見せ、ひいては名前の由来となっています。この品種は、とりわけ刺すようなアンモニアのような香りで知られています。つぼみをバラバラにすると、ハシシやお香のような香りがします。煙は滑らかで土の香りがし、他の人気品種のようなフルーティーな香りはありません。しかし、燃やすと非常に強い香りがします。

この品種は種子から、また成熟した健康な株を切り取ったクローンから栽培できます。カビに強いので屋外での栽培も可能ですが、21〜27℃の地中海性気候が必要です。ホワイト・ウィドウは、ほとんどがサティバ系のハイをもたらしますが、生育段階の見た目はインディカ種に近く、葉がしっかり生い茂り、高さが180cm以上になることはほぼありません。室内で栽培した場合、9週間以内に開花し、0.1㎡あたり約37〜55グラムの収穫が見込めます。

ホワイト・ウィドウは、オランダで開発された素晴らしい品種の好例です。ホワイト・ウィドウは通常、普段通りの行動や十分な認知能力を維持できる程度の大脳のハイをもたらします。社交目的のユーザーに人気があり、世界中で確固たる人気を誇っています。ブラジルと南アジアの在来種から作られたため、非常に強力な遺伝的基礎を持っています。その結果、交配の実験に重宝されるツールとなり、その結果ホワイト・ロシアンやザ・ホワイトといった数々の人気ハイブリッド品種が生まれました。

特に風味が良いわけではありませんが、きわめて速効性の品種です。ユーザーは周囲の環境に敏感になり、ほとんど瞬時に気分が高揚したと報告しています。また、掃除などの日常的な作業や、より複雑な作業に役立つエネルギーを与えてくれるとも述べています。また、視覚の歪みや知覚の向上などのサイケデリックな効果も報告されています。その高度な大脳作用のため、この品種は向精神系に分類されます。しかしかなり強力な作用があるため、服用量を慎重に計画することをお勧めします。

 

最新のカナビスニュース