最高品質CBDプロダクトを見つける

CBD による疼痛管理

CBD ニュース / 健康 / 2021年 06 月 21 日

多くの患者が継続的な慢性疼痛の管理において、処方薬の使用に慎重になっています。近年では慢性的な痛みを抱えていて、疼痛管理の代替療法として CBD に着目している人が増えています。

このような代替療法は世界中で利用されている中、その有効性に関しては医師や科学者達の間で激しい議論が繰り広げられています。

この記事では、CBD による疼痛管理について詳しく解説し、科学的見解をご紹介します。この情報を参考に、現在処方鎮痛剤が中心となっている疼痛管理に使用できる代替療法について、ぜひ知識を深めていただければと思います。

今日の CBD の使用

米国で使用されている CBD は、主に大麻から生産されています。

最近まで、大麻およびその関連植物の大量加工、オイルやチンキへの濃縮、その他摂取を目的とした加工は法律で禁止されていました。

禁止の理由を説明すると長く複雑になりますが、業界での競争と、大麻植物の THC を豊富に含むカンナビスとの関係性がそのような認識の主な要因であったと言えます。

規制が緩和された今、さまざまな CBD 製品が市場に出回るようになりました。主に疼痛管理、抗不安、抗炎症物質として位置付けられている CBD は、瞬く間に従来の疼痛管理の主要代替手段となりました。

CBD を利用している患者の多くは、THC などのカンナビスに含まれる心理活性物質が含まれていないため、このような療法を取り入れています。

THC とオピオイドのどちらにも見られるような日常生活に支障をきたす副作用を伴わずに効果的に痛みを抑えることができるため、疼痛管理に CBD を使用しする患者は今後も増え続ける見込みです。

CBD が有効な痛みの種類

さまざまな種類の痛みの緩和に CBD 製品をどのように使用できるのかについての研究は現在も進行中ですが、世界中の個人や組織により、この有用な物質の用途についての熱心な研究が行われています。

CBD の使用法は、その形状によって異なります。

炎症性疼痛

例えば炎症性疼痛の場合、European Journal of Pain により行われた、皮膚に CBD ジェルを塗ることで関節炎に関連した炎症性疼痛の緩和に有効であることを示す、動物モデルを使用した研究があります。

上記の例では、4 日間にわたり関節炎のあるラットに CBD ジェルが使用されました。検査チームにより炎症と痛みの徴候の減少が確認され、副作用は認められませんでした。

局所的な CBD 製品を使用している人々からは、副作用なく同じ結果が得られたと多数報告されています。しかし、これらの事例を正式に実証するだけのヒトを非検体とした研究は行われていません。

 

多発性硬化症

自己免疫疾患である多発性硬化症 (MS) は全身に発症し、深刻な痛みを伴います。この病気にかかると、神経や脳を通じて痛みが発生します。

また、筋痙攣も MS に一般的な症状の 1 つです。痙攣はより大きな痛みを抱える深刻な MS 患者に見られる症状です。

CBD は痛みと筋痙攣の両方を緩和することが確認されていますが、その効果は中程度に留まっています。ヒトにおける抗炎症効果と同様に、MS の治療への使用に関してもさらなる研究が必要です。

癌および化学療法

CBD は癌や化学療法に関連した痛みに対する直接の治療法ではありませんが、補完的治療として有効な選択肢であることが認められています。

予備調査では、化学療法や放射線治療による吐き気や食欲低下に最も効果的であることが示唆されています。

米国では化学療法の症状緩和を求める患者に対し、FDA に認可されている治療法はすべて THC を含むものです。治療に精神活性化学物質である THC の使用を受け入れる場合には、カプセルの Marino とチンキの Syndros という 2 つの選択肢があります。

Nabiximols は経口スプレーで、THC と CBD の両方が含まれています。これはカナダとヨーロッパで癌に関連した痛みの治療に使用されています。しかし、この製品は米国では使用できません。

一般的な慢性疼痛

恐らく最も多くの研究が行われてきた一般的な慢性疼痛の治療への CBD の使用では、有望な結果が示されています。

数多くの研究が行われた結果、一般的な慢性疼痛の場合、CBD による疼痛管理が有効であることが結論付けられています。

European Journal of Pain  によるそのような研究の 1 つでは、疼痛管理における CBD の有効性が概説されています。しかし、その正確な仕組みについてはまだ解明されていません。

疼痛管理における CBD の用量

CBD は FDA の規制対象となる他の薬物と異なり多くの研究事例や規制がないため、個人や用途によって適量が大きく異なります。

そのため、病気の治療に CBD を使用する際は医師に相談することが重要です。

それにより、特定の用途でどの程度の用量から始めればいいのか、おおよその検討がつきます。その後、希望の効果が得られるまで徐々に量を増やしたり減らしたりしながら調整できます。

副作用

ほとんどの場合、疼痛管理に CBD を使用しても副作用はありません。

他の多くの化学物質と同様に、CBD は使用者に予期せぬ副作用をもたらす可能性がありますが、そのような副作用は比較的無害なものです。

カンナビジオールの安全性と副作用に関する NIH によると、研究時に見られた最も一般的な副作用は次の通りです。

  • 疲労
  • 下痢
  • 食欲の変化
  • 体重の増減

CBD を他の処方薬と併用した場合、このような有害作用が重なって起こることや、他の有害作用が起こる可能性があります。他の薬との相互作用により、CBD や併用される薬の有効性が増減する可能性もあります。

CBD の摂取方法によっては、肺の問題が発生する危険性もあります。

治療に新しい物質を取り入れる際は、はじめにかかりつけの医師に相談することが重要です。かかりつけ医は個人の現在の健康状態や、他の薬が現在使用中の薬にどのような影響を与えるかなどに関して、最も多くの情報を把握しています。

最新のカナビスニュース