最高品質CBDプロダクトを見つける

CBD の評価方法

CBD ニュース / 健康 / 2021年 06 月 06 日

疼痛治療に最適な CBD 製品を選ぶ際には、多くの要素を考慮する必要があります。すべてのカテゴリーで優れた製品はありませんが、それぞれのケースでポジティブな結果を得ることが重要です。

どの CBD 製品が自分の状況に最適か、そしてどのショッピングエクスペリエンスが自分に合っているかは、個人の判断に委ねられます。

疼痛管理に最適な CBD を検討するうえで考慮すべき最も重要な基準は次の通りです。

  1. 原料

CBD は大麻植物から生産されています。そのため、原料は重要な評価基準となります。これには栽培場所、栽培方法、原料を CBD の完成品に仕上げるための生産工程なども含まれます。

大麻は米国と欧州連合の両方で大方規制植物です。これらの作物には、統合管理プログラムで使用できる承認された除草剤、殺虫剤、殺菌剤があります。

原料で最も注目すべきクオリティの 1 つは、当然ながら全体的な THC 含有量です。THC はこれらの地域の多くで、依然として違法であるためです。米国ではいくつかの州で THC が合法化されていますが、連邦法では依然として違法です。CBD の原料が重量にして 0.3% 以下の THC 許容範囲内に収まっていることを確認することで、法のトラブルを避けることができます。

  1. 抽出物の種類

CBD の抽出物は一般的に次の 3 つのカテゴリーに分類されます。

  • アイソレート – 植物栄養素などの植物性物質が取り除かれ、分離された CBD のみが残ります。
  • フルスペクトラム – 大麻植物に含まれるカンナビノイド、テルペン、フラボノイド、ミネラル、ビタミン、タンパク質、エッセンシャルオイルなどがすべて含まれ、THC も規制範囲内で含まれています。
  • ブロードスペクトラム – フルスペクトラム CBD と同じですが THC は含まれていません。

加工後の抽出物に残っている成分を把握することで、より多くの情報に基づき適切な抽出物を摂取することができます。

  1. 濃度

 

CBD の濃度、この場合効き目の強さの尺度です。CBD は濃度が高いほど症状の緩和効果が高まります。通常ミリグラムで表示されていますが、抽出物の種類によって効き目が大きく異なります。

CBD を初めて使用する方は、通常濃度が低い、または中程度の抽出物から始めて、徐々に調整しながら適量を把握することが推奨されています。

  1. 数量

CBD 製品はさまざまなサイズのものが販売されています。これにより、さまざまな抽出物や摂取量を自由に組み合わせることができます。一般的に、一度に多く購入するほうが長期的に見てコストパフォーマンスが高くなります。ただし、他のすべての薬剤と同様に、CBD にも消費期限があります。そのため、期限が切れる前に使い切れることを確認してください。

味は疼痛管理における CBD の全般的な使い心地に影響します。自然な風味や無味なものは比較的無害ですが、特定のブランドの印象が残りません。

エキゾチックな味やエキサイティングな味のブランドは、全体的な体験を豊かにします。ただし、その風味がどこから来ているのかを把握することは重要です。

自然のものではない強い風味は、頭痛を起こしたり嫌な後味を残したりすることが報告されています。また、腹痛や胸やけの原因にもなり得ます。

  1. 材料

CBD 製品のベースとなるのは抽出物ですが、この強力な薬はさらにパッケージ化・ブランド化されています。

サプリメントや食品、飲物、または他の方法でパッケージ化された CBD の場合、消費する製品に他に何が混ざっているのかを考慮することが重要です。

一般的な目安として、自然でオーガニックな材料が理想的です。人工化学薬品や防腐剤は避けましょう。

  1. 外部ラボによるテスト

体内に取り込む他のすべての製品と同様に、何が含まれているかを把握することが重要です。化学添加物、ラベル表示、認定に関しては、必ず外部ラボによるテストが行われるべきです。

製品のウェブサイトでこのようなテストの記録が簡単に入手できない場合は、メーカーに公平で偏りのないテスト結果を要求することができます。

このようなテスト結果の提供を拒否された場合は、別のところから CBD を入手することをお勧めします。

  1. カスタマーレビュー

ブランドの製品に検討の価値があるかを判断する最善の手段は、他の人もその製品を使用しているかを確かめることです。

CBD による疼痛管理の場合は、他の人にどの製品やブランドがお勧めか聞いてみましょう。このようなコミュニティはオンラインで見つけることができます。医師に尋ねることもできます。少し時間をかけて調査したり、感想を聞いてみるのもいいかもしれません。それにより、質の高い製品を選んだという安心感が得られます。

  1. 企業倫理

今日、消費する商品のメーカーの倫理に対する意識が今まで以上に高まっています。

選択した CBD メーカーの倫理を理解することで、使用する CBD 製品がどのように製造されているのか、理解を深めることができます。工程、材料、公正な取引慣行などは、CBD の製造方法に対し好印象を与える要素の 1 つとなります。

  1. 顧客対応

注文に問題が発生した場合、または特定の製品について質問がある場合、カスタマーサポートはどれだけ迅速に対応し、問題や懸念を解決することができるでしょうか?

これは CBD 使用者にとって重要な要素の 1 つであり、優れたカスタマーサービスを提供する企業はユーザーの支持を得ているより優れた製品を提供している傾向があります。

  1. 保証または満足保証

企業が自社の製品に対し保証や満足保証を提供しているかは重要です。

注文内容が間違っていたり、紛失したり、期待通りのものでなかったりした場合、保証により返金されるでしょうか?

  1. カスタマーエクスペリエンス

基本的に企業の店舗となるウェブサイトを見て、情報入手から最終的な購入までスムーズに行えるでしょうか?

再注文は消費者に余計な負担をかけることなく行われるでしょうか?

不快な営業やマーケティングは行われていないでしょうか?

これらさまざまなカスタマーエクスペリエンスのクオリティを考慮して、快く利用できるかを検討しましょう。それにより、その企業の対応がどのようなものになるのか、特定の CBD メーカーをサポートするたびにどのように感じるかの参考になります。

最新のカナビスニュース