最高品質CBDプロダクトを見つける

陶酔感のあるメロウなハイブリッド

AK-47はサティバ優勢のハイブリッドで、明るい白色が目を引きます。アグレッシブな名前ではありますが、飛び抜けてメロウな感覚をもたらし、カウチロックを誘発することで知られています。この品種は創造性を高めることも報告されています。ほとんどのユーザーは、AK-47を吸うと、気分が良くなり、穏やかさや多幸感を感じると言います。しかし、口や目が乾くという一般的な副作用もありますし、パラノイアやめまいを感じたと報告するユーザーもいます。

AK-47は、ストレスや不安を解消したいユーザーに人気があります。また、慢性的な痛みや不快感を和らげるために使用する人もいます。また、不眠症の場合、寝る前にリラックスするのに役立ち、中途覚醒が起こらないと報告されています。さらに、うつ病やその他の気分障害などの症状に悩まされている人が、リラックスして気分を落ち着かせる目的で使用しています。また、食欲を増進させ、吐き気や嘔吐を和らげることでも知られています。

AK-47の起源となる株は、戦後の1970年代にタイ産株とアフガニスタン産株の交配によって生まれたとされています。しかし、AK-47そのものは1992年に誕生し、1999年には均一な種子を生産できるように改良されました。

AK-47は、コロンビア(サティバ)、メキシコ(サティバ)、タイ(サティバ)、アフガニスタン(インディカ)の4つの株から作られました。遺伝的には、AK-47は65%がサティバ、35%がインディカです。THCレベルはかなり平均的ですが、CBDとCBNは1.5%と高レベルです。

この株はかなり背が高く横幅もあり、大きなガクを持っています。つぼみの色はかなり濃い黄緑色で、無数のトリコームと繊細な赤い毛が生えています。AK-47は屋内で土壌または水耕栽培されるのが普通ですが、寒暖差の少ない気候であれば屋外でも栽培可能です。理想的には、22℃以下の温度を保つことが望ましいとされます。22℃で栽培すると、収穫量は同じでも、つぼみが開き、ふわっとした質感になります。この株は8〜9週目頃に開花し、1㎡あたり350〜500gの生産量が見込めます。

Latest news